お風呂に入れば体臭を防げる?

お風呂に入るのが面倒という人も多いのではないでしょうか?

確かに、仕事で疲れた日だと、お風呂に入らずにそのまま寝たいものです。

しかし、体臭を予防するためには、毎日お風呂に入らないといけません。

面倒くさがってお風呂に入らないと、臭いはどんどん強くなります。

私たちが気付かないだけで、1日の間には大量の汗と皮脂が体から分泌されています。

その汗と皮脂に雑菌が混じり、悪臭を発生させているので、お風呂に入って体を清潔な状態にしましょう。

お風呂に入る場合には、シャワーだけではなく、浴槽にも浸かるようにしてください。

浴槽にしっかりと浸かることによって、汗をかくことができ、体内に蓄積されている老廃物を排出できます。

それが体臭予防に繋がるので、汗をかきやすい半身浴がおすすめです。

半身浴をする場合に注意したいのが浴槽の温度で、38度くらいに設定してください。

この以上の温度だと、熱くて長湯ができなくなります。

そして、脱水状態を防ぐためにも、水分補給をこまめに行ってください。

関連記事一覧