ニキビが出来やすく肌荒れが気になっる方におすすめの化粧品

本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト

ニキビの原因と種類・対処方法

ニキビ跡が治らないのは、メラニンが関係していた!

投稿日:

せっかくニキビが治ったと思ったら、今度は「ニキビ跡」となって肌に残ってしまった…。

という経験をお持ちの方も、いることでしょう。

実はニキビ跡が治らないのには、「メラニン」が大きく関係しているのです。

今回はニキビ跡が治らない原因などについてご紹介します。

ニキビ跡には種類がある

ニキビ跡とメラニンの関係をご紹介する前に、「ニキビ跡」にはいくつかの種類があります。

まずは自分が日頃できてしまっているニキビ跡が、どれに当てはまるのか理解しておくことが必要です。

赤み系のニキビ跡

赤い色をして残ってしまったニキビ跡。これは、炎症によって引き起こしたダメージです。

炎症が起きてしまったところは、傷を治すために、毛細血管をたくさん作ってしまいます。

よってその部分だけに血液の色素が強くなってしまい、表面から見ても赤くなっているのです。

このタイプのニキビ跡は、時間の経過によって治ることが多いです。

茶色系のニキビ跡

シミとして残ってしまうニキビ跡には、メラニンが大きく関係してくるのです。

肌の1番上にある「表皮」に存在しているメラノサイト活性化することによって、メラニンを大量に発生させてしまうのです。

真皮層にまでどのくらい影響しているのかによって、治る確率が変わってくるのです。

しこり

同じ場所で何度も炎症を起こしてしまうことによって、真皮層にまでダメージをもたらしてしまうこともあります。

これによって、肌の再生機能が乱れてしまい、肌の潤いを保つことができる「コラーゲン繊維」を過剰に発生させてしまうのです。

これによって皮膚の一部が盛り上がった状態になってしまい、これが「しこり」になるのです。

クレーター

クレーターは少し重い炎症の場合に引き起こしてしまうニキビ跡です。

アクネ菌が皮膚の周りを破壊しながらも増えている状態が続きます。

炎症を大きく広げないためにも、「白血球」が皮膚細胞を破壊して炎症を食い止めようとするのです。

しかしこの状態が長らく続いてしまうと、他の肌部分と同じくらいに再生させるのが難しくなってしまいます。

ケロイド

これは個人差がありますが、それぞれが持つ体質によって、ニキビ跡が赤く盛り上がります。

それはまるで「火傷の跡」のような見た目になってしまうのです。

真皮層にまでダメージ起きている状態で、肌の再生が乱れてしまっているのです。

なぜメラニンによる色素沈着が起きてしまうのか

ニキビ跡と言っても、さまざまな種類があることを理解頂けたかと思います。

その中でもメラニンを生成させてしまうことによって起きる「色素沈着型」のニキビ跡がありましたね。

ではなぜ、メラニンが発生することで、色素沈着が起きてしまうのでしょうか?

炎症が起きて色素沈着になるまで

ニキビのもとでもある「アクネ菌」が増え続け、炎症を引き起こしてしまうことによって、アクネ菌を殺菌しようと「活性酸素」を生成させ、対抗しようとするのです。

この活性酸素から肌を守るために、ホルモンが分泌され、メラノサイトを刺激します。

よって、メラニンが大量に発生してしまうのです。

この流れは、肌に紫外線を浴びてしまうことによって、メラニンが生成されるのと同じ流れになります。

通常であればある程度生成されたメラニンは垢と一緒に剥がれ落ちるのですが、大量に生成されてしまった場合は、肌に残りシミのように見える「色素沈着」となるのです。

メラニンによる「色素沈着」ケア方法とは?

ニキビが治ったと思ったら、今度はシミのように見える「色素沈着」となってニキビ跡となるのは嫌ですよね。

そこでオススメのケア方法についてもご紹介していきます。

美白化粧品を使用する

色素沈着を薄くさせるためには、美白成分が配合された化粧品を使用してみるのもいいでしょう。

もっとも有名な美白成分は「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCは化粧品に入れることで、形が崩れやすいと言われています。

これをビタミンC誘導体にすることで、化粧品にも入れることができ、形が崩れにくく、ビタミンCの効果をしっかり生かすことができるのです。

ピーリングを行う

普段のケアに「ピーリング」を取り入れましょう。

ピーリングというのは、肌を再生してくれる「ターンオーバー」を促進してくれる効果が期待できます。

色素沈着となっている場合は、このターンオーバーが乱れていることが原因だったりするのです。

促進してあげることによって、色素沈着が薄くなるのです。オススメはまだ肌に優しいフルーツ酸のAHAのピーリングです。

しかし使用頻度には注意する必要があります。

あまり頻繁にピーリングを使用してしまうと、かえって逆効果になるからです。

オススメの使用頻度は週に1回。

クリニックで治療を受ける

自宅でのケアは欠かせませんが、それでも効果を実感できない方は、クリニックで治療を受けましょう。

レーザーや光治療によって、色素沈着を薄くすることも可能です。

その他、「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンと言った薬を処方されることもあるでしょう。

しかし肌に対して非常に刺激の強いものとなっています。

しっかり医師と話し合いをした上で、使用するのか、しないのかを選択しましょう。

メラニンを生成させない!ニキビ跡を残さないために、気をつけること

メラニンを生成させないためにも、やはり日頃から気をつけておくべきこともあるのです。

もしかしたら日頃の生活習慣が、色素沈着によるニキビ跡を引き起こしていたのかもしれませんね。

今回はニキビ跡を残さないために気をつけておくべきことをご紹介します。

紫外線ケアを欠かさないこと

紫外線を浴びないというのは、難しいものです。だからこそ日頃から、紫外線へのケアは欠かせません。

紫外線はメラニンを生成させてしまい、色素沈着の原因となってしまいます。

特にニキビがある状態ですと、基底膜が壊されてしまい、そこに紫外線から受けたダメージがあたってしまうのです。

これによって真皮層にまで入り込み、肌の弾力を保つコラーゲン繊維、エラスチン繊維に大きな影響を及ぼすのです。

季節を問わず、外出する際は日焼け止めを塗ることは欠かせません。

基本的には外出する30分前には日焼け止めを塗り、2〜3時間に1回は日焼け止めを塗り直すということも心がける必要があります。

このような意識が、色素沈着によるニキビ跡にならないことにつながるからです。

ビタミンCを補給する

使用する化粧品はもちろん、ビタミンCが入った食事は欠かせません。

しかし中には日頃忙しくて、なかなか食生活に気を使っていられないと言う方もいるはず。

そんな方は、サプリメントで摂取するのもオススメです。

真皮層のニキビ跡には、やはりビタミンCが効果的だからです。

またすでにある色素沈着を薄くしてくれたり、抗酸化作用もあります。

1日のビタミンCの必要な摂取量は、100mgと言われています。

しかし、色素沈着によるシミを改善させるためには1日300〜1000mgは必要なのです。

メラニンの生成量を抑えて、ニキビ跡を防ごう

私たちの肌を守ってくれるために発生する、メラニン。「悪者」の扱いをされてしまいがちですが、とても大切なものでもあります。

しかしメラニンの生成量が多すぎてしまうと、色素沈着となり、「ニキビ跡」となって残ってしまう可能性も高いのです。

だからこそ、日頃から気をつけておくべきなのですね。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

-ニキビの原因と種類・対処方法
-

Copyright© 本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.