ニキビが出来やすく肌荒れが気になっる方におすすめの化粧品

本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト

ニキビの原因と消し方

顎ニキビができる原因とは?オススメのスキンケアもご紹介します。

投稿日:

大人になってからできるニキビは、治ってもまた繰り返し、気になってしまいます。

スキントラブルとして良く挙げられる大人ニキビですが、あごにできるニキビは特にひどくなりがちです。

知らない間にニキビは増えますし、適切な対策を取らなければ「ニキビ跡」として残ります。

そんな状態にならないようにスキンケアというものが重要になってきます。

今回は顎ニキビを中心として、ニキビができる原因やスキンケア方法についてご紹介したいと思います。

ニキビとはどんなもの?

最初にニキビってどんな病気なのかをご説明します。

ニキビは大きく分けると思秋期の時にできるニキビと、大人になってからできるニキビに分けられます。

通常、「思春期ニキビ」「大人ニキビ」と呼ばれています。

これらは毛穴が様々な理由で詰まってしまい、そこでアクネ菌などが繁殖することで炎症を引き起こします。

アクネ菌は脂肪分が多く、空気が入らない場所を好みます。

そのため、皮脂が毛穴に詰まってしまうと、そこで繁殖してしまいニキビができてしまうのです。

続いてどのような理由からこのニキビができてしまうのか、その原因についてご紹介します。

ニキビができる原因とは

まずはスキンケアを始める前に、ニキビがなぜできるのかを理解しておくことが大切です。

皮膚の乾燥

ニキビに限らず皮膚が乾燥することは、肌にとってはトラブルを引き起こしやすいとされています。

特にあごなどのフェイスラインは汗が出るところが少なく、乾燥しやすいのでニキビができやすいです。

洗顔後の肌は特に乾燥しやすく、きちんと保湿をしないとニキビができる原因となってしまいます。

後から説明しますが、洗顔の方法によって余分な皮脂まで洗い流し、ゴシゴシと洗ってしまうと、皮膚を傷つけてしまい、ニキビができやすくなります。

洗顔は優しく、が基本になります。

髭剃り

男性の方特有になりますが、あごひげをカミソリや電気シェーバーで毎日のように剃る人は、皮膚を傷つけやすくニキビができやすくなります。

カミソリのような機械的な刺激によって、肌の角質が切り取られると「バリア機能」が低下するためです。

後述しますが、化粧水や乳液、シェービングローションなどを使って保湿することが大切です。

ストレス

ストレスは仕事でも人間関係でも家庭でも、様々なところで受けやすいです。

ストレスを感じると人は男性ホルモンやノルアドレナリンが発生しやすくなります。

これらは皮脂の分泌を促す働きがあります。

さらに、男性ホルモンが肌を硬くしてしまい毛穴へと皮脂が詰まってしまい、きちんと代謝されないとアクネ菌が増殖し、炎症を起こすと言われています。

ストレスもニキビを作る原因になってしまうのはこういう理由からです。

生活習慣

不規則な生活を送ると吹き出物ができ、肌の調子が悪くなることがありませんか?

正しい生活習慣は健康な肌を作ります。

特に食事で脂っこいもの、甘いもの、カロリーの高いものなど、偏った食事を食べているとニキビができやすいです。

さらに睡眠も重要な要素です。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は睡眠不足が怒ると、周期が乱れると言われています。

この流れがきちんと行われないと、ニキビの原因になってしまいます。

ニキビを治す・予防のための方法

それでは続いて、顎ニキビを治すための方法についていくつかご紹介します。

洗顔

ニキビを治すのにも、ニキビを予防するのにも「スキンケア」は重要です。

特に洗顔は一番スキンケアとしては基本的なところなので抑えておきたいところです。

洗顔の方法として、「ゴシゴシと洗わない」ということが大事です。

汚れやベタつきを落としたいというあまりに、力強く何度も洗ってしまうと、肌を護るべき必要な皮脂までも洗い流してしまいますし、さらに肌を傷つけることになります。

なるべく刺激しない、ということを意識することが大切です。

水の温度も熱すぎず、冷たすぎず、ぬるま湯で洗うのが良いとされています。

皮膚の清潔

肌を清潔に保つということもニキビにとっては大切な事です。

顎などのフェイスラインは、手で触れやすいところですので、手指の清潔を保ったり、衣類やマフラーなどの防寒具も顎に触れるものは綺麗にしておきましょう。

マフラーなどはあまり洗わない人もいるので、気をつけておきます。

保湿をしっかりと行う

顎は汗が出る腺は少ないので、乾燥しやすいというのは先に話した通りです。

そのため、洗顔後に保湿をしっかりと行うことが大切です。

乾燥は皮脂の分泌を助長し、それがニキビの原因となることがあります。

そのために保湿を行うことが大切です。

タイミングは洗顔を行なった後、化粧水を使って肌に水分を与えます。

洗顔後は乾燥しやすいので、できれば間を空けずに行いたいです。

化粧水で水分を与えたら、その後は油分でフタをします。

乳液やクリームを使って与えた水分が保持できるようにします。

この2つの組み合わせは重要で、どちらかだけではあまり意味がありません。

このように保湿を行なってニキビを予防していきます。

医療機関での治療方法

実はニキビは皮膚科などでの治療も可能となっています。

「ニキビぐらいで?」と思う人もいますが、実は薬をもらって治療をしている人は多いです。

一般的には抗生剤という菌に対して効果を発揮する薬や、ステロイド剤と言って炎症を抑えるような治療を行うことが多いです。

そのほかにもホルモン治療で男性ホルモンを抑制し、ニキビのできにくくするような治療もあるようです。

皮脂の分泌はホルモンが関係しているので、肌質を変えていくような治療ですね。

ビタミン成分を摂取

ビタミンは美容に良いとされる成分ですが、ニキビの予防に効果を発揮してくれます。

まずが抗酸化作用として有名なビタミンC・E。

これらは野菜や果物に多く含まれています。

柑橘類やピーマン、アーモンドなどが有名ですね。

さらにはビタミンB2も皮脂を分解するような働きを持っているために、ニキビに有効と言われています。

豚肉や鶏肉、さらには青魚などに多く含まれていますので、食事のメインのおかずになることが多いです。

ニキビのケアとしては食事も有効手段ですので、生活習慣を見直すとともに、食生活も考えていきましょう。

顎ニキビの原因とケアについてのまとめ

顎ニキビはフェイスラインにできるニキビのことですが、顎のラインは汗が出る腺(汗腺)が少なく汗をかきにくいので乾燥しやすくなっており、ニキビができやすいです。

皮脂線はあるので、毛穴がつまりアクネ菌が繁殖するとニキビができます。

ニキビができる原因としては「洗顔」「髭剃り」「ストレス」「生活習慣」などが挙げられ、不規則な生活や髭剃りなどの日常的な習慣が原因でニキビができてしまいます。

ニキビ治し予防する方法としては基本的なケアは「洗顔」です。

洗いすぎない、そして保湿をしっかりと行うことが大切です。

洗顔と保湿はセットで考えておきましょう。

医療機関での治療もあり「抗生剤」や「ステロイド剤」での治療が一般的です。

ホルモン治療などで、皮脂の出にくい肌に変えるような特殊な治療もあります。

食生活も大事な要素で、「ビタミンC」「ビタミンE」「ビタミンB2」などを中心に摂取することは、ニキビに有効な手段と言われています。

顎ニキビは放っておくと繰り返しできたり、ニキビ跡が残ったりと大変になりますので、しっかりとスキンケアを行い、対応してくことが大切です。

顎ニキビができやすい人はスキンケアや生活習慣を一度見直してみましょう。

-ニキビの原因と消し方

Copyright© 本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.