ニキビが出来やすく肌荒れが気になっる方におすすめの化粧品

本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト

ニキビの原因と消し方

背中ニキビができる原因って?対策などをご紹介

投稿日:

いつの間にかできてしまっている、背中ニキビ。手で触れてみると、ポツポツッとした感触がしますよね。

普段は目につきにくいところこそ、しっかりケアをしてあげることが大事です。

今回は背中ニキビができる原因や対策などをご紹介します。

背中ニキビができる原因

実は日頃、無意識に行っていることにこそ、原因はあります。

服などによる肌への摩擦

わたしたちの生活に欠かせない「服」。

しかし当たり前になっているからこそ、気をつけないといけないことがあるのです。

それは服による肌への摩擦です。

ついつい背中がかゆいからといって、服の上からゴシゴシとかいていませんか?

もしくは服を着る際、背中の皮膚をこするように着用していませんか?

これらの「無意識に行っている行動」にこそ、背中ニキビができてしまう原因はあるのです。

背中以外の皮膚にも言えることですが、肌への摩擦は、皮膚の表面にある「角質」を厚くさせてしまいます。

よって、毛穴が詰まりやすくなると言われているのです。

その他にも肌への摩擦として挙げられるのは、体をゴシゴシと洗ってしまうこと、自分のブラジャーのサイズに合っていないものを着用することなどがあります。

シャンプー・リンスのすすぎ残し

「頭をしっかり洗えて、すっきり!」そんな時もあるかと思います。

しかしここで油断してはいけないのが、シャンプーやリンスのすすぎ残しです。

このすすぎ残しは、背中あたりに残っている可能性があります。

シャンプーやリンスを使用した後は、手で背中に触れて、「ぬめりがないか?」ということを必ずチェックすること。

もし、ぬめりがあった場合は、必ずぬるま湯で洗い流しましょう。

もしくは、洗う順番を変えることです。

すすぎ残しがある方は、体を洗ってから、シャンプー・リンスに取り掛かる方が多いのです。

だからこそ、この洗い方を逆にしましょう。

皮脂分泌が過剰

特に夏場は、汗がかきやすい時期。それに伴って、皮脂も過剰に分泌します。

しっかり洗うことで、過剰に出てしまった皮脂を取り除くことは可能ですが、洗えていない場合は、どんどん皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

皮脂を好む「アクネ菌」がどんどん増えてしまうことで、背中ニキビができてしまいます。

というのも背中は、体の中でも最も「皮脂腺」が多いとされています。

他の部位よりも、皮脂が過剰に分泌しやすい部分なので、特に気を配る必要があります。

ホルモンバランスが乱れている

背骨には、自律神経が走行しています。

これによって、交感神経(活発モード)と副交感神経(リラックスモード)のバランスが乱れてしまうのです。

それによって、背中にニキビができてしまう可能性があります。

夜は副交感神経に切り替えるためにも、夜は全身浴でゆっくり浸かること。

そして、温かいハーブティなどを飲んで、気持ちを落ち着かせるなどの工夫が必要です。

食生活

食生活によっては、男性ホルモンを刺激することにつながります。

これによって必要以上に皮脂が過剰しやすくなると言われているのです。

例えば男性ホルモンを刺激するといわれている「高GI食品」は避けること。

そして、動物性脂肪の過剰摂取もダメです。

ついつい忙しいことによって、食生活は乱れがちなので注意しましょう。

背中ニキビのセルフケアについて

背中ニキビができてしまうと、自分でパパッと治したいと思う方が多いみたいです。

しかし、間違ったセルフケアはかえって、ニキビを悪化させてしまいます。

それほど背中ニキビが重症化していない場合は、ビタミンC誘導体が入ったアイテムを使用してみましょう。

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCを肌に浸透しやすくさせるために安定化させたもののことを指します。

ビタミンCは、化粧品にしてしまうと、成分が壊れやすくなると言われているのです。

しかし重症化している場合は、セルフケアは避けたいところ。皮膚科へ受診し、肌状態をしっかり診てもらいましょう。

背中ニキビの対策方法

そこで背中ニキビができてしまうのを防ぐためにも、対策方法をお伝えします。

寝具を清潔にする

毎日使用するシーツやパジャマ、いつも清潔にしていますか?

人は寝ている間に、代謝の一環として、汗をかきます。

汗がついたシーツやパジャマを使用し続けると、背中ニキビができてしまうことにもつながるのです。

毎日洗濯することは難しくても、せめて1週間に1度洗濯して、清潔な状態を保つことを心がけましょう。

食生活を見直す

チョコレートやケーキなど…。

ついつい多くの糖分を摂取していませんか?

これは皮脂過剰にも大きくつながる原因の1つです。

ニキビ対策に効果的な、栄養素を含む食べ物を摂取しましょう。

ビタミンAは毛穴詰まりを解消してくれ、ターンオーバーを促進してくれます。

かぼちゃ、ほうれん草、人参などが当てはまります。

ビタミンB6は、新陳代謝を促進し、皮脂の分泌を抑制してくれます。

にんにく、カツオ、マグロなどが当てはまります。

これらを意識して摂取することで、ニキビができるのを防ぐことができるでしょう。

ストレスを溜めない生活を心がける

「ストレスを全く溜めない」ということは、難しいかもしれません。

しかし適度にオフの日を作ったり、自分が癒されるようなことを、日常に取り入れることで、ストレスを溜めない生活を心がけることはできるはず。

というのも、強いストレスを受け続けてしまうことによって、自律神経のバランスが乱れます。

そうすると、男性ホルモンが優位な状態となり、皮脂の過剰分泌、角栓の発生を活発化させてしまうのです。

これによって、背中ニキビができてしまうと言われています。

自分がストレスを解消させることができると思う生活を送るといいでしょう。

質のいい睡眠をとる

もちろん質のいい睡眠を取れない日もあることでしょう。

しかし睡眠不足(睡眠時間が少ない、夜中まで起きているなど)になってしまうと、自律神経のバランスが乱れてしまうのです。

これが男性ホルモンを優位にさせてしまいます。

最低でも6時間以上の睡眠は必要だと言われていますので、できるだけ睡眠を確保できるように心がけましょう。

シャンプー・リンスの洗い残しがないようにする

シャンプー・リンスが、背中部分に残っていないか?必ずチェックするようにしましょう。

特に背中は、自分の目で見えない部分でもあります。

だからこそ、自分の手で触って、滑りをチェックすることが大事なのです。

それでも背中ニキビができてしまう方は?

原因も知って、背中ニキビの対策方法を実践してみても、背中ニキビができる…という方は、以下の方法を参考にしてみてください。

皮膚科でピーリングを受ける

これまでご紹介している通り、背中は皮脂分泌が活発なところ。

よって、ターンオーバーが乱れやすいところでもあるのです。

また、背中は自分ではケアしづらい部分でもありますよね。

だからこそ、皮膚科に行って、ターンオーバーを促進させてくれる「ピーリング」を受けましょう。

しかし敏感肌の方は、ピーリングが肌荒れの原因になってしまうこともあります。

必ず受ける際は、皮膚科でのカウンセリングを受けてくださいね。

背中ニキビができる原因を理解して今日からケアを開始しましょう!

背中ニキビができる原因などについて、ご紹介しました。

ぜひ、日頃からのケアを心がけて、背中ニキビができるのを防ぎましょう!

-ニキビの原因と消し方

Copyright© 本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.