ニキビが出来やすく肌荒れが気になっる方におすすめの化粧品

本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト

ニキビの原因と消し方

赤いポツポツ 思春期ニキビってどうやって治すの?

投稿日:

過剰な皮脂や毛穴の詰まり、炎症を起こした赤い点…思春期のニキビってとっても目立つし気になりますよね。

多感な時期でもありますし、出来れば治ってほしいところ。

でも、皮脂が沢山出てしまうことにより出来る思春期ニキビって、一体改善できるのでしょうか?

この記事では思春期ニキビの改善と予防方法についてお話していきます。

思春期ニキビの原因

思春期ニキビについて

ニキビにも色々な呼び名や種類がありますが、思春期ニキビとは、小学校3年生~高校卒業くらいまでの間、成長ホルモンが分泌される時期に出来るニキビのことを指します。

原因は皮脂過剰によるもので、Tゾーンに多くみられるのが特徴。ニキビの色は赤が中心で、ニキビ跡が残りクレーターになりやすいです。

思春期ニキビはどうしてできる?

思春期ニキビには、ホルモンバランスが大きく影響しています。

中学生くらいの年齢になると、成長ホルモンというものの分泌が始まってきます。

これは男らしさ・女らしさを高めるために分泌されるもので、男性は「テストステロン」「アンドロゲン」というホルモンが多く分泌され、女性は「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンを分泌するようになります。

成長期であるこの時期のホルモン分泌は不安定で、人によっては皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

また、ホルモン分泌の次に考えられる原因として、ストレスの影響も懸念されています。

この年頃は毎日学校に通い、友人関係や勉強や部活など、もしかすると大人以上にストレスを受けているかもしれません。

ストレスが溜まることによっても、皮脂は多く分泌されてしまいますのでニキビの原因に繋がります。

これは思春期ニキビだけでなく、大人ニキビにも共通して言えることです。

思春期を乗り越えると自然と治る、思春期ニキビ

ホルモン分泌が安定し、思春期が終われば自然と治っていく思春期ニキビ。実は、思春期の時期を通り越せばなんのケアをしなくたって治ってしまうものなのです。

そうはいっても、やはり周りの目が気になるこの時期。出来るだけニキビは減らしたいですし、出来ることなら根絶してしまいたいでしょう。

では、思春期ニキビを改善・予防するにはどういった手立てがあるのでしょうか?

思春期ニキビを改善したい!

スキンケアでニキビを改善

・洗顔
思春期ニキビの改善に必須なのが、スキンケア。過剰に分泌されてしまった皮脂をしっかりと洗い流し、適度な保湿を行うことがニキビには効果的です。
ただし、顔は洗いすぎず、優しく洗顔すること。余計な摩擦や洗いすぎは肌の刺激になり、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。
また、朝の洗顔は水やぬるま湯だけでも問題ないでしょう。

・保湿
保湿は毎回必須というわけではありませんが、相性の良いものを使うようにします。
高いものでなくても大丈夫なので、肌にあうものがあればその化粧品を継続しましょう。
この時期は皮脂が十分に活発だと思うので、化粧水のみの使用で十分です。
大事なのは、無理に保湿をしようとしなくてもいいということ。
合わないものを使用すればニキビの悪化にも繋がりますし、ニキビ原因であるストレスの引き金にもなってしまいます。
思春期ニキビのケア用化粧水の選び方のコツとしては、ノンオイルのものがおすすめです。
皮脂の多いこの時期に、オイルが含まれているものはべたつきの原因になり得るためです。

肌を出来るだけ清潔に保つ

就寝前は特に、お肌を清潔に保つよう心がけましょう。

お肌は、就寝中に分泌される成長ホルモンによって修復されます。

このとき肌に汚れがついていると、それによって肌の修復が妨げられる可能性があります。

もちろん、細菌が繫殖する原因にもなりますので、寝る前にはその日の汚れをしっかりと落とすことを心がけましょう。

どうしても気になる/すぐにでも治したいなら治療という手段も

思春期ニキビは時がたてば治まるものではあるのですが、それでもニキビの炎症が悪化すると後々ニキビ跡がお肌に残ってしまう可能性もあります。

そして何より、人からの目が気になってストレスになってしまっては肌状態は悪化してしまう一方です。

ですので、どうしても気になる場合、医師に相談しましょう。

赤ニキビなどの炎症ニキビには、抗生剤が効果的で、皮脂の分泌を調整するための治療が行われます。

またこの、皮脂分泌のコントロールとしては、ビタミン剤、男性ホルモンを抑制する薬の服用を始め、ケミカルピーリングや外用薬などの治療をすることができます。

合わせて、ニキビケアに効果的な化粧品によるスキンケアも並行する可能性もあります。

思春期ニキビを出来にくくする方法

肌に刺激を与えないようにする

ニキビが気になると、ついつい触ったり取り除こうとしてしまいませんか?

とっても意識がいきやすいニキビなのですが、触ったり刺激を与えることにより菌が繁殖したりニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

余計な刺激は与えないよう、気持ちを抑えてそっとしておきましょう。

食事に気を付ける

栄養バランスの良い食事をきっちりとることと、お菓子を控えることが思春期ニキビ改善のための食生活には大切です。

砂糖は皮脂を過剰にさせる原因となるので注意しましょう。

砂糖は摂取されると「遊離脂肪酸」というものに分解されるのですが、この遊離脂肪酸は皮脂の分泌を盛んにする働きをします。

また、油ものもニキビには厳禁。皮脂の材料になってニキビの原因になってしまいます。

ダイエットにも興味のわくこの時期ですが、食事制限もニキビには悪影響。

栄養はしっかり摂って、代わりに間食を控えましょう。

ちなみに、思春期ニキビ改善・予防に効果的なのはビタミンB群。特にビタミンB2は皮脂の分泌を抑え、B6は肌の回復力、抵抗力を高める効果があると言われているので積極的に摂るようにしましょう。ビタミンB群は、レバー、ウナギ、マグロ、たまご、納豆などに多く含まれています。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足は身体にとってのストレス。心労だけでなく、身体の疲労も思春期ニキビに繋がるストレス要因になりますので睡眠はしっかりとるようにしましょう。

寝ている間に、に分泌される成長ホルモンはお肌のコンディションも整えてくれますよ。

夜の10~11時までには就寝するのが理想的で、この時間帯はお肌のゴールデンタイムと言われるほど、細胞の修復が活発になります。

紫外線のケアをする

ニキビの要因の一つとして、紫外線によるお肌へのダメージも挙げられます。

皮脂過剰だけじゃなく、紫外線からのダメージも思春期ニキビの原因になり得ますので日焼けケアも適切に行いましょう。

特に、炎天下で過ごすような部活に入っている方は紫外線には注意してくださいね。

まとめ

真っ赤なポツポツになって目立ってしまう、思春期ニキビ。学校はお化粧ができないことが殆どで、大人のようにメイクを活用することもできません。

人目が気になりやすく、異性の目を意識するこの年頃にとって真っ赤な大きいニキビは耐え難いもの。

出来るだけ改善するためには、セルフケアはもちろん、家族の強力もあると心強いと思います。

また、思春期ニキビにとって一番大切なのは気にしすぎないこと。

気にしすぎることでストレスは増し、新たなニキビが誕生してしまいます。

時期が過ぎれば治まるものと、気軽に捉えて優しくお肌をケアしてあげてくださいね。

-ニキビの原因と消し方
-, ,

Copyright© 本当に効く ニキビケア 化粧品口コミ検証サイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.